ソースネクスト ポケトークS Plus

翻訳機のパイオニア、ソースネクストのポケトーク(POCKETALK)が新製品を発売しました。

ソースネクスト「ポケトークS Plus」

画面が、2.8インチから3.97インチに大型化されました。

さらに、バッテリー容量も1.3倍になり、長時間使用が可能になりました。





ソースネクストのポケトーク(POCKETALK)の良いところは、なんといっても翻訳精度の高さです。


ついつい、ポケトークに英語を話してしまう自分に気が付くかも。


ソースネクストのポケトーク(POCKETALK)は、現在ラインナップが3つあります。

・ポケトークW
エントリーモデルのポケトークです。少し画面は小さいですが、翻訳エンジンは同じですので、まずはコンパクトに翻訳機をお探しならこれ。こっそり発音練習するのにはもってこいです。

・ポケトークS
カメラ機能とAI会話レッスン機能が追加された、今の主力のポケトークです。小さくコンパクトなのに、すべての機能がそろっていますので、海外旅行の時にポケットに入れておけば安心です。

・ポケトークS PLUS
ポケトークSの画面を大きくしたのが、ポケトークS PLUSです。小さい画面は見にくいという高齢の方にも使いやすくなっています。家でAI会話レッスン機能をメインに考えている場合は、画面の大きいこちらのほうが見やすいです。






ソースネクスト ポケトークS-Plus.jpg




posted by みるる at 21:07旅行

日産 アリア

日産の新型EV「アリア(ARIYA)」の値段は?

日産アリアは、新エンブレムに変更して新しく生まれ変わった日産が満を持して投入する、SUVスタイルの新型電気自動車(EV)です。


日産は、電気自動車のシェアとしては、世界第5位ですが、2位から4位までは中国のメーカーが中国の市場でたくさん売っているだけなので、5位といえども世界に認められた電気自動車メーカーなのです。

まあもちろん、1位はテスラです。


日産アリアが日本で販売されるのは、2021年中旬なので、まだはっきりとはグレード・値段ともに明かされていません。でも、大まかなラインナップは公表されていますので、値段を予想してみます。


予想される基本ラインナップは4種類、これに装備などグレード設定が加わってくると思います。

・2WD+バッテリー容量65kWh 約500万円
・2WD+バッテリー容量90kWh 約620万円
・4WD+バッテリー容量65kWh 約740万円
・4WD+バッテリー容量90kWh 約860万円

バッテリー容量の65kWhと90kWhの違いは、ご想像通り航続距離だけですが、2WDと4WDの違いは悪路に強いというだけではありません。

なんと、「e-4ORCE」という新システムを搭載するため、4WDのほうが圧倒的に加速性能が良く、最高速度も高いのです。


バッテリー容量65kWhでも、カタログ上の航続距離は450kmくらいなので、2WDの65kWhが一番売れるグレードになりそうですが、高くても「e-4ORCE」4WDの人気も高そうです。

まったく、どんなセレブが買うのやら・・・


NISSAN.png
posted by みるる at 21:14旅行